News

ニュース

脱テニス初心者!サーブが入らないのは打点で解決

今回はテニス初心者が悩む“サーブが入らない状態を脱却する方法”をお伝えします。

サーブについては多くの方が悩んでいる課題です。
そしてまたノウハウが多すぎて何を信じて頑張ればいいか分からなくなっている人も多いです。

回転をかける?
トスが悪いの?
打ち方がおかしい?

結論を言うと多くの方は回転をかけたことでサーブが入りやすくなる原理を知らないことが一番の原因です。

今回の記事で具体的な打ち方も重要ですが、サーブが入らない根本の部分をしっかり理解しておきましょう。

kaoleft

ダブルフォルトが多いんだけど治るかな?

kaoleft

今回のことを知っておくだけでも効果はありますよ!

サーブがコントロールできる方は下の記事を読んで戦略を組み立ててみてください!

サーブから試合をコントロールする方法を公開しています

回転でサーブが入るようになる原理とは?

“フラット系の真っ直ぐなサーブを多用すると入らない”

このように聞いたことはないでしょうか?
確かにフラットサーブはどのサーブよりも速度は出しやすいですが、確率が低いです。

この理由は物理的な角度が原因です。

インパクトから直接叩き落とすような軌道になるので、
身長が人より高いなどの条件がないとどうしても確率が上がりにくくなります。

サーブが入らない

もちろん練習で確率が上がっていくことは可能ですが、
だったら回転系のサーブを練習することに時間を使った方が効率はいいです。

回転系のサーブは
“ネットの高いところを通してもコートに収まりやすい”
ので、一番の強敵であるネットと戦わないで済みます。

入るサーブ

スライスにしてもスピンにしても、
基本的に下から上への回転であるため、フラットや逆回転のボールより下に落ちやすくなっています

そのため高いところを通してサービスボックスに入れると言う
フラットサーブからしたら反則的なことができるため確率が高いと言えます。

入らない回転サーブは打点が問題?

ここまでで回転系のサーブが入りやすいと言うことをお伝えしました。

ただ回転をかけたから万事解決とは行かなそうです。。。

「スライスサーブなのに確率悪いんだよね。。。」
生徒さんで悩んでいる方もいらっしゃったので解説したいと思います。

まずはプロのスピンサーブを見ていきましょう。

プロ選手の高く跳ねるスピンサーブには
かなり注目するポイントが多いです。

kaoleft

プロ選手を参考しにているけどプロ以外の方にも重要なポイントです

サーブ

引用元:テニス365.net

打点の位置が切り取られていなかったのですが、
11と12の間の打点の部分が重要です。

この時にヘッドが上を向いていると打ち下ろすスイングになるため、
どんなに回転をかけようと軌道は真っ直ぐになってしまいます。

サーブの回転

逆に横向きでインパクトしていると盛り上げられる範囲が大きいことがわかります。

トスが落ちてきたところをインパクトして打点からさらに上げることができると
軌道は上がってネットの高いところを通した回転系のサーブになります。

回転がかかっているはずなのにどうしても軌道が上がらない方は
自分のインパクトした時のヘッドの方向を見てみるといいかもしれません。

サーブが入らない人の脱却法のまとめ

今回は
サーブが入らないテニス初心者を脱却するために知っておくべきことをお伝えしました。

物理的に入りにくい角度のサーブをいくら練習しても、
正直確率が上がるのはほんの少しです。

引用:ATP tour official

プロ選手の1stサーブが全てフラットではないので参考にはならないかもしれませんが、
日本人より身長の高い選手たちの1stサーブの確率も70%くらいです。

このことからも回転系のサーブを習得していくことは重要かなと思っています。

具体的に回転系サーブを習得したい方には
YouTubeでも動画を出しているので、この記事の一番最後に貼っておきます。

スライスサーブをまず初めに覚えるべき回転系サーブだと思っているのですが、
スライスサーブを覚えるだけでもかなりメリットは大きいです。

  • ・戦術にも活用しやすい
  • ・簡単に覚えやすい
  • ・フラットサーブよりも確率が上がる
  • ・スピンサーブよりも簡単

結構なメリットがあるので、
習得して活用していきましょう。

スライスサーブからの戦術は他の記事で解説していきます。

確率を上げてテニス初心者の悩み、ダブルフォルトから開放されましょう!

小畠 友哉

NESTA pft公認トレーナー兼テニスコーチ
JPTT盛田正明杯TD
初心者からでも上達していただくために、正しい体の使い方と上達方法をレッスンしています。