News

ニュース

テニスのサーブはプロネーションの理解で楽になる話し

今回はサーブについて解説していきます。

3vitionのYouTubeで「プロネーションについて」の動画を公開したところ、とても反響があったのと同時に疑問もいくつかお問い合わせいただいたのでブログで紹介していこうと思います。

この“プロネーション習得練習”の動画では、
プロネーションを自分のサーブのフォームに取り入れて、少しでも楽に打てるようになっていただける練習内容を公開しています。

kaoleft

プロネーションって上手い人だけの技術じゃないの?

kaoleft

サーブを打つ方なら誰でも知っておいた方がいい体の使い方の技術です

プロネーション
引用元:テニス365.net

そもそもプロネーションとは回内と言う肩甲骨の動きであり、
技術ではなく体の自然な動作の一つです。

プロネーションを使いこなしていくことで、肩への負担を少なくしてサーブの技術向上が可能になります。

ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

サーブのプロネーションは単体では使わない

まずはサーブの上達を考えて練習している方が一番よく耳にするワードは

“プロネーション”

かなと思いますがいかがでしょうか?

kaoleft

プロネーションってプロ選手の技術じゃないの?

そんなことはないです。

ドアノブをひねる動きも「プロネーション」です。

プロネーションとは以下の通りです。

  1. 前腕の「内旋」と言う動きがプロネーション
  2. 腕相撲は「プロネーション」の対決です

この動きはとても難しい技術ではなく、人間ができる動作の中の一つです。

サーブの中でも動作の一つに過ぎないので”プロネーション”だけではサーブのスイングは解決しません。

kaoleft

テニスでの”プロネーション”は肩甲骨の内旋も合わせて呼んでいるケースもあります

プロネーションだけだと横振り!?

プロネーションができるとサーブが完成するor完璧と言うことはないです。

サーブの中の重要な要素であり、できたらとても改善されるのは間違い無いのですが“一部であり全部ではない”と言う感じです。
※B’zが浮かびました(笑)

先ほどの「拍手」をイメージしてください。

サーブと結びつけるイメージはできなかったと思います。

プロネーションは上の画像のように、上腕の回旋だけなのでそれでは打てません。

ここに追加する動作はなんでしょう?

答えは
“肩の高さの入れ替え”です!

スイングに肩を上げる動作も入れる

サーブのスウィングでのアドバイスで
「上に振るような感じ」
と言われて「下に打つのに?」と感じた方は多いかと思います。

ではどうしたら綺麗にスウィングできるのでしょうか?

先ほどお伝えした“プロネーション動作”
「肩の高さの入れ替え」を追加します。

上の画像のように、“高い高さから打ち下ろす”
または“回転をかけて振り切る”ためには高い高さから打つ必要があります。

kaoleft

流石に一般プレーヤーがジャンプしたフォームは無理でしょ

飛べないなら、肩の高さを上げていきます。

トスアップした時に左肩(左利きの方は逆)が高くなります。

そこで必然的に右肩が落ちると思います。

そこから「ラケット、肘、手首」より先に「肩」を上げていきましょう。

こちらは上にあるサーブの画像でもわかるかと思います。

プロネーションにトレーニングで慣れておこう!

先ほどの章までは「サーブのプロネーションを活用した打ち方」について解説していきました。
テキストだけ読んでできるようにはならないと諦めている方も多いのではないでしょうか?

実際にコートで使えるようにするには、まず体がその動作をできるようになっておくことが必要になってきます。

実際私のプライベートレッスンで悩んでいるお客様にしてもらうチューブトレーニングはこんな感じです。

これはまず体に「プロネーション」と言う動作に体を慣れさせるためにも必要です。

初めてプロネーション動作をサーブのスウィングに追加しようとした方は口を揃えて「この動き脱臼しない?大丈夫?」と言います。笑

このように頭で心配しているうちは絶対サーブでは使えないので、チューブトレーニングで慣れておきましょう。

もしここから気合いを入れてサーブの練習をするなら怪我予防のトレーニングもしておきましょう↓

まずは“プロネーション”をスウィングの中に入れていくためにはこの二つをやればスタートとしては完璧です。

一番よくないのは「たくさんやろうとして何もやらないこと」です。

まずは続けてみましょう。

実際のサーブ練習で段階的に習得

今回はサーブのプロネーションについて学んでいきました。

正直まだまだプロネーションの技術よりも確率を高めたい!
このように感じている方は他の記事でサーブの確率を高める方法について解説しています。

サーブは多くの体の動作が集まって完成されます。

プロネーションがよくわからなくてもサーブがうまくなることもまずは可能です。

一つずつ技術を習得してサーブを強化していきましょう!

小畠 友哉

NESTA pft公認トレーナー兼テニスコーチ
JPTT盛田正明杯TD
初心者からでも上達していただくために、正しい体の使い方と上達方法をレッスンしています。