チューブトレーニング トレーニング、リハビリ

【YouTube】テニス肘の予防にはローテーターカフをチューブでトレーニングするべき

テニス肘の予防にはローテーターカフをチューブでトレーニングするべきという内容でお話ししていきます

こんな人向け

  • テニス肘になりかけている人
  • 肩の痛みがある人
  • チューブでのトレーニングが知りたい人

今回は先日YouTubeでアップした動画でチューブトレーニングの内容をお話しします。


テニス肘や、肩の怪我などで悩んでいる方は「ローテーターカフ」をうまく使えていない場合がほとんどです。

チューブトレーニングは多くの人がやっているのを見かけますが、聞いてみると意外とわかっていないでなんとなくやってしまっている方も多いです。
(私も以前はなんとなくやっていました。)

自分が怪我をした経験から「ローテーターカフ」をチューブトレーニングすることで得られるメリットについてお伝えしていきます。

結論、「ローテーターカフ」とは腕の骨にくっついているインナーマッスルの総称です。

インナーマッスルについてや筋肉の細かい部分に関しては割愛しますので、トレーニングについて気になる方は関連記事も見ていただけたら嬉しいです。
==関連記事==
テニスの上達に必須のチューブトレーニングの順序まとめ

目次

正しい肩関節のポジショニング

テニスプレーヤー
「肩関節のポジションに種類なんてあるの?」

この肩関節のポジションはトレーナーがテニスに関わる時だけでなく、チューブトレーニングの目的を理解したりする上でとても大切なことです。

チューブトレーニングの目的を知ることで、必要なトレーニングを選択して上達に活かせるので理解しておきましょう。

チューブトレーニングのポジション

  • 1stポジション
    →上腕の内旋、外旋のみを行うポジション
  • 2ndポジション
    →上腕を上げた状態で内旋、外旋を行う
  • 3rdポジション
    →胸を収縮した状態で内旋、外旋を行う

このように内旋、外旋を行うポジションに変化をつけていくことで自分の足りてない部分の強化も浮き彫りになります。

次の章からは動画付きでポジションごとの解説をしていきます。

1stポジションのトレーニング


1stポジションのチューブトレーニングです。

初めて回旋のチューブトレーニングを行う場合はこのポジションから始めることをお勧めします。

このポジションは、他のポジションと違い、回旋の動作のみで行うからです。

このポジションの注意点

  • 呼吸を止めないこと
    →呼吸が止まると力むためアウターに力が入ります
    (アウターとは大きな筋肉に対しての呼び方です)
  • 戻す時にゆっくりすること
    →戻す時に早くしてしまうと、張力に頼りすぎて負荷が抜けます
  • 雑にならない
    →動作自体は簡単なので意識を抜かないようにしましょう

2ndポジションのトレーニング


2ndポジションのチューブトレーニングです。

先ほどと違うのは、肘が肩の高さに来たことです。

肘が肩の高さに来たことによって、高さを維持するためのアウターマッスル(ここでは肩の三角筋です)を使ったまま回旋の動作を行うため、難易度が上がります。

高さを維持したまま回旋を行う、サーブなどオーバーヘッドの動作を行うときに必要で、ここが意識できるとサーブでの怪我がかなり予防できます。

このポジションの注意点

  • 呼吸を止めないこと
    →呼吸が止まると力むためアウターに力が入ります
  • 肩が落ちないようにしましょう
    →肩の高さを維持したまま行うことが目的なので鏡を見ながら確認して行うと意識しやすいです
  • 上体が動かないこと
    →上体が動くと目的の部位に負荷が入らないため

3rdポジションのトレーニング


3rdポジションのチューブトレーニングです。

このチューブトレーニングの最終段階ですが、意識することは「肩の高さの維持」「胸の収縮の維持」です。

「維持と収縮」この2つを維持しながら収縮を行うチューブトレーニングなので、ちゃんと行うのは意外と難しいです。

ストロークのフォロースルーの動作では「肩の高さの維持」「胸の収縮の維持」を使うので、ストロークで肘が痛くなってしまうのはここができていない場合が多いため、このトレーニングは必要になってきます。

このポジションの注意点

  • 呼吸を止めないこと
    →呼吸が止まると力むためアウターに力が入ります
  • 肩の位置を変えないこと
    →肘が落ちないようにすることは2ndポジションと同じ理由です
  • 腕が開かない
    →収縮が抜けないように意識して行いましょう

まとめ

今回は肩関節の回旋のチューブトレーニングを解説していきました。

この回旋のチューブトレーニングは「怪我が治るトレーニング」ではありません。

「怪我が治るトレーニング」ではないですが、「予防」「悪化の防止」はとても重要で、みんなやりません。

このチューブトレーニングは「歯磨き」と同じです。

歯磨きは虫歯になってからする、ならないようにするもの

だと私は考えています。

皆さんも「虫歯(テニス肘)」になる前に「歯磨き(チューブトレーニング)」をするようにしましょう。

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!

代表プロフィールはこちら!

漫画でストーリーを紹介します!!

上達方法

テニスのプライベートレッスンで伝えたい3つのこと

こんにちは、代表のこばたけです。 現在はコーチも増えてきて全体で年間1000本近いレッスン数行っています。 10年間初級クラスから上がれなかった方がクラスアップ! 中学生から初めて全国中学生大会のメンバー入り 女子ダブルスのデビュー戦でいきなりビギナー大会優勝! 多くの方が自分が目指していた目標を達成して継続してくれています。 80代になっても大会に出ているので驚くこともたくさんありますが、、笑 指導しながら上達するかたの共通点を見つけてそこを指導しています。 「上達できる人には共通点がある。逆にそこさえ ...

ReadMore

未分類

代表プロフィール

こばたけがコーチになるまで こんにちは、代表のこばたけです。 今は上達させることに特化したテニスコーチをしています。 テニスコーチになるまではいろんなことがありました。 ただ何もなければテニスコーチにはなっていなかったと思います。 コーチになるまでのストーリーを漫画にしてもらったので是非見てみてください。 \アドバイスの無料配信/ 公式LINE登録 公式LINEの紹介 指導実績 10年間初級クラスだった方を2ヶ月でクラスアップ 中学生からテニスを始めた子が全国中学生メンバー入り 高校から始めたジュニアが卒 ...

ReadMore

シングルス戦術 ダブルス戦術

UNOを考えるとテニスの試合が3倍勝てるようになる話し

今回はテニスの試合においての考え方、向き合い方についてお話ししていきます。 最近、プライベートレッスンを実施していく中で、生徒さんがほとんど試合に出ることから毎回報告と反省をいただいてます。 その中で「ほとんどUNOだな笑」と感じました。 手札が配られるように毎日調子は違う。 ただその中でも多く勝ち続ける人もいるし、ずっと勝てない方もいる。 共通点を考えていくと「客観的に試合を観れるか」と「どうやって勝つ(ポイントを取る)かの最終局面がイメージできているか」を想像できていることが本当に重要だと感じました。 ...

ReadMore

上達方法 初心者向け

テニスの初中級と中級の違い2選【安定感で決まる】

テニスの初中級と中級の違いは安定感で決まるというテーマでお話ししていきます。 テニスをテニススクールで頑張っている方が、一番初めに壁を感じるのが「初中級から中級に上がれない」または「中級に上がったけどついていけない」が一番悩みとして多いです。 そもそもテニス中級ってどこで判断しているの? このように判断基準がわからない方も多いのではないでしょうか? テニススクールのレベルは時に自分が今初中級なのか?実は初級なのか?わからなくさせたりもします。 逆にそこがはっきりしているだけで自分のやることは明確になります ...

ReadMore

-チューブトレーニング, トレーニング、リハビリ

Copyright© 3vitionテニス上達レッスン , 2019 All Rights Reserved Powered by 3vition.