News

ニュース

斉藤貴史プロのプロイベントを行いました。

1/9に斉藤プロのイベントを行いました!

ジュニアの部、一般の部で分けて行い、どちらも熱いイベントにしていただきました。

斉藤プロ、ありがとうございます。

今回のイベントを行った経緯は、現在大会が行われずプロ選手が一般プレーヤーの方に活躍を見せる場所がないことから、
かなり悔しい思いをしていると聞いたことがきっかけでした。

斉藤貴史プロはYouTubeも使って選手としての活動を発信していて、
大会がないことによる“テニス選手としてのやるべきこと”
それは一般の方にプロ選手の頑張りを見て欲しいということもありました。

そこで今回のイベントでジュニアから一般プレーヤーの方にプロ選手のテニスを体験していただけたのは
かなり僕としても嬉しく思います。

イベントの内容として僕が一番大事にしたかったのは、
“斉藤プロと打つ機会をめちゃくちゃ多くすること”
これが僕にとって一番でした。

イベントでレッスンのようにメニューを凝ってしまうと、
練習としてはいいのかもしれませんが、プロがいるのにもったいないかなと考えています。

なのでやったのは本当にラリーゲームだけです。笑

皆さんにプロ選手の凄さ、
200km/hのサーブや、
重すぎるストローク、
普段普通に生活していたら経験できないレベルを経験していただけてよかったなと思います。

今後も今回のようにプロ選手によるイベントを行っていきますので楽しみにしていてください。

\アドバイスの無料配信/

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!