コラム 上達方法

テニスのフットワークを習った方がいい理由

テニスにおいてフットワークが重要だと言う話はみなさん聞いたことがあるかもしれません。

ただ、現実問題フットワークの練習時間を確保するのは難しく、取り入れている方はとても少ないように感じます。

このTwitterで投稿した動画はやられ方動画ですが、フットワークで楽をしているからこそ相手がミスする段階まで持っていくことができました。

足の速さ=フットワーク
と言うことではなく、"足を効率よく働かせる"ことがフットワークだと思っています。

僕自身も短距離走はそこまで速くないのですが、コートではかなり動けていると思います。

フットワークを知っているからこそ速く動けるようになっている。

トレーナーとしての知識を入れて良かったなと思っていることの1つです。

誰でもコート内で足が速くなるためのフットワークを今回はお話ししていこうと思います。

この記事に書くのは基本的な部分とちょっとだけ応用です。

最後まで来てただければ半面では問題ない動き、ミスを減らせるフットワークが手に入るので是非読み込んで欲しいです。

ラリーと時は何のための足か理解することが大切

半面のラリーと言うとダブルスが特にイメージしやすいかと思います。
ラリーの中では早いタイミングでくるボールに対して簡単に力を加えることができたら理想です。

ただ、現実問題多くの人(過去の僕も含む)は間に合わせることに必死で力を伝えることが浮かばなかったりします。

理由としては、蹴り足、軸足の2つがないといけないと思っています。

この動画でも解説しているのが、蹴り足の重要性なので、これが先にボールの後ろに入ることによってボールに力を伝えることが簡単になります。

悪い例で紹介している打ち方ですと、蹴り足がなく、体が必要以上に閉じてしまっているため腕が頑張って仕事しなくてはいけないです。

この腕の動きが多いことで肘が痛い肩が痛いなどの問題が出てきますし、ボールを飛ばすのが大変です。
「頑張って振っているのに何でこんなに飛ばないんだよ!」
って言うのはほとんど蹴り足を出すことで改善します。

ボールが来たときに蹴り足をセットして、そこから蹴り出すことでおそらく腕の力が1/3で済むかと思います。
(足は腕の3倍力があると言われるため)

この蹴り足を意識して動き始めていきましょう。

遠いボールで使うテニス上級者向けのフットワーク

「基本の部分はできたから応用編もくれ!」

そんな声にお応えして応用編のフットワークも追加しておきます。

モーグルステップです。

スキーのモーグルに似ているからこう呼ばれているとかいないとか。。。笑

はじめの一歩目が蹴り足から出ていることで成立するステップです。

今日のやることリスト

  1. 蹴り足をボールに近づける
  2. ボールに対して飛びつくように地面を蹴る
  3. サイドステップの要領で着地

これだけです。

前章で紹介した基礎的なフットワークとこちらのモーグルステップができるとそれだけで半面は通用します。

フットワークはテニスを楽にする

基本的なフットワークから応用編まで紹介させていただきました。

もう一度言いますが、”フットワーク=足の速さ”ではなく"フットワーク=足をうまく働かせる技術”と理解しておきましょう。

これが近いで切ると、
「自分は何手足が遅いんだ」
とはならないで済むはずです。

効率よく働かせる、みなさんはいわば株式会社カラダの社長です。

足をうまく働かせて楽に力が伝わる動きをしていきましょう。

(滑ったので終わります。)

\アドバイスの無料配信/

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!

代表プロフィールはこちら!

漫画でストーリーを紹介します!!

上達方法

テニスのプライベートレッスンで伝えたい3つのこと

こんにちは、代表のこばたけです。 現在はコーチも増えてきて全体で年間1000本近いレッスン数行っています。 10年間初級クラスから上がれなかった方がクラスアップ! 中学生から初めて全国中学生大会のメンバー入り 女子ダブルスのデビュー戦でいきなりビギナー大会優勝! 多くの方が自分が目指していた目標を達成して継続してくれています。 80代になっても大会に出ているので驚くこともたくさんありますが、、笑 指導しながら上達するかたの共通点を見つけてそこを指導しています。 「上達できる人には共通点がある。逆にそこさえ ...

ReadMore

未分類

代表プロフィール

こばたけがコーチになるまで こんにちは、代表のこばたけです。 今は上達させることに特化したテニスコーチをしています。 テニスコーチになるまではいろんなことがありました。 ただ何もなければテニスコーチにはなっていなかったと思います。 コーチになるまでのストーリーを漫画にしてもらったので是非見てみてください。 \アドバイスの無料配信/ 公式LINE登録 公式LINEの紹介 指導実績 10年間初級クラスだった方を2ヶ月でクラスアップ 中学生からテニスを始めた子が全国中学生メンバー入り 高校から始めたジュニアが卒 ...

ReadMore

シングルス戦術 ダブルス戦術

UNOを考えるとテニスの試合が3倍勝てるようになる話し

今回はテニスの試合においての考え方、向き合い方についてお話ししていきます。 最近、プライベートレッスンを実施していく中で、生徒さんがほとんど試合に出ることから毎回報告と反省をいただいてます。 その中で「ほとんどUNOだな笑」と感じました。 手札が配られるように毎日調子は違う。 ただその中でも多く勝ち続ける人もいるし、ずっと勝てない方もいる。 共通点を考えていくと「客観的に試合を観れるか」と「どうやって勝つ(ポイントを取る)かの最終局面がイメージできているか」を想像できていることが本当に重要だと感じました。 ...

ReadMore

上達方法 初心者向け

テニスの初中級と中級の違い2選【安定感じゃないです】

テニスの初中級と中級の違いは安定感で決まるというテーマでお話ししていきます。 この記事でわかること テニスで中級レベルになる基準がわかる 自分の練習でやるべき課題がわかる 上手い人の考えていることがわかる テニスをテニススクールで頑張っている方が、 一番初めに壁を感じるのが「初中級から中級に上がれない」 または「中級に上がったけどついていけない」が一番悩みとして多いです。 そもそもテニス中級ってどこで判断しているの? このように判断基準がわからない方も多いのではないでしょうか? テニススクールのレベルは時 ...

ReadMore

人気の記事

1

こんにちは、代表のこばたけです。 現在はコーチも増えてきて全体で年間1000本近いレッスン数行っています。 10年間初級クラスから上がれなかった方がクラスアップ! 中学生から初めて全国中学生大会のメン ...

2

1/9に斉藤プロのイベントを行いました! 昨日は斉藤貴史プロ @Takashi_Saitooo のクリニックを行いました!斉藤プロのサーブを皆さんに体験していただき、そして皆さんも本気で勝ちに行く熱い ...

3

今回はプロ格闘家の嶋選手に格闘技を習ってみて習うことに重要性を感じたのでお話しして行こうと思います。 「テニスのブログなのになぜ?」 と思うかもしれませんが、僕が何なの初心者として何かを習うことで生徒 ...

4

今回はプライベートレッスンの生の声を皆さんに紹介したいと思います。 「実際プライベートレッスンってどうなの?」 「高いんじゃないの?」 いろいろ不安が尽きないかと思います。 理由としては僕は"知らない ...

-コラム, 上達方法

Copyright© 3vitionテニス上達レッスン , 2019 All Rights Reserved Powered by 3vition.