メンタル 上達方法

ティーチングとコーチングを使い分けたら生徒がかなり上達した話し

今回はコーティングとティーチンングを使い分けるべき理由を実際の事例を元にお話ししていきます。

この内容はコーチの方も必要な内容になってくるかと思います。

この記事でわかること

  • コーチングについてわかる
  • 指導することより大切なことがわかる
  • 小畠の考えていることがわかる(笑)

結論からコーチの役割は「導く人」という意味であり、「教えるひと」ではありません。

コーチとはブランドの"coach"と一緒で馬車って意味がある。目的地まで導くのが仕事

これはテニスコーチになったばかりの時になんども言われました。

もしかしたらコーチ向けの内容になってしまうかもしれませんが、最後まで読んでいただけたら嬉しいです。

目次

ティーチングとコーチングの違い

ティーチングとコーチングの違いはなんでしょうか。

私自身は

"手段か道筋"

どちらを教えるかがコーチングとティーチングのちがいと思っています。

例えばわかりやすく、ティーチャーからお話ししていきます。

ティーチャーはティーチングを行うのがメインなので"手段"について教えていきます。

学校の先生(ティーチャー)が教えること

  • 数を計算する手段
  • 大学に行くための手段(勉強)

ではコーチはどうでしょう。

個別塾の先生がコーチに当たるかなと思います。

個別塾の先生(コーチ)が教えること

  • 受ける大学に受かるための道筋、勉強法
  • 自分が受験するまでにする勉強の仕方

これがコーチングとティーチングの違いです。

ティーチングは"手段を身につける方法を教え"、コーチングは"目的地にたどり着く道筋を教える"こんな感じですね。

コーチングだけでもダメ?!

「じゃあコーチングの方がすごいし必要なんだ!」と思うのは正解とは言えません。

この2つを使い分けていくのが必要です。

使い分けの基準はこんな感じです。

コーティングとティーチングの使い分け

  • コーチング
    →技術を使って結果を出したい
  • ティーチング
    →技術を習得したい

このように使い分けていくのが必要です。

例えばですが、あなたを東京から大阪まで1週間以内に行かせたいとします。

コーチングだけのバージョンだとこんな感じです。

コーチングで行かせる

  • 持っている技術を確認する
    →徒歩のみ
  • 最短ルートを教える
  • 歩かせる

これがコーチングのみの指導です。

1週間じゃ箱根まで行けるかどうかです。笑

ではティーチングだけだとどうなるかみていきましょう。

ティーチングで行かせる

  • バスと電車の乗り方を教える
  • 練習させる
  • 違ったら修正する

全く進まず1週間が経ちました。笑

では2つを掛け合わせていきましょう。

コーチングとティーチングを使って行かせる

  • 新幹線の乗り方を教える
  • 駅まで導く
  • 新幹線に乗せる

今度は無事に着きそうですね。笑

このようにまず技術(新幹線に乗る)をティーチングして正しい道に導き(コーチング)ました。

この2つを組み合わせることで、目的の達成、スポーツでは上達につながります。

まとめ

今回はティーチングとコーチングを使い分けていくことの効果をお話ししていきました。

どちらか片方ではダメでしたね。

おさらいして終わりましょう。

ティーチングとコーチングの違い

  • ティーチング
    →技術(手段)を教える
  • コーチング
    →技術(手段)を使って目的地に導く

この2つを使い分けることで上達や目標達成に近づきます。

皆さんも、自分、人を指導する時に使い分けてみてください!

\アドバイスの無料配信/

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!

代表プロフィールはこちら!

漫画でストーリーを紹介します!!

上達方法

テニスのプライベートレッスンで伝えたい3つのこと

こんにちは、代表のこばたけです。 現在はコーチも増えてきて全体で年間1000本近いレッスン数行っています。 10年間初級クラスから上がれなかった方がクラスアップ! 中学生から初めて全国中学生大会のメンバー入り 女子ダブルスのデビュー戦でいきなりビギナー大会優勝! 多くの方が自分が目指していた目標を達成して継続してくれています。 80代になっても大会に出ているので驚くこともたくさんありますが、、笑 指導しながら上達するかたの共通点を見つけてそこを指導しています。 「上達できる人には共通点がある。逆にそこさえ ...

ReadMore

未分類

代表プロフィール

こばたけがコーチになるまで こんにちは、代表のこばたけです。 今は上達させることに特化したテニスコーチをしています。 テニスコーチになるまではいろんなことがありました。 ただ何もなければテニスコーチにはなっていなかったと思います。 コーチになるまでのストーリーを漫画にしてもらったので是非見てみてください。 \アドバイスの無料配信/ 公式LINE登録 公式LINEの紹介 指導実績 10年間初級クラスだった方を2ヶ月でクラスアップ 中学生からテニスを始めた子が全国中学生メンバー入り 高校から始めたジュニアが卒 ...

ReadMore

シングルス戦術 ダブルス戦術

UNOを考えるとテニスの試合が3倍勝てるようになる話し

今回はテニスの試合においての考え方、向き合い方についてお話ししていきます。 最近、プライベートレッスンを実施していく中で、生徒さんがほとんど試合に出ることから毎回報告と反省をいただいてます。 その中で「ほとんどUNOだな笑」と感じました。 手札が配られるように毎日調子は違う。 ただその中でも多く勝ち続ける人もいるし、ずっと勝てない方もいる。 共通点を考えていくと「客観的に試合を観れるか」と「どうやって勝つ(ポイントを取る)かの最終局面がイメージできているか」を想像できていることが本当に重要だと感じました。 ...

ReadMore

上達方法 初心者向け

テニスの初中級と中級の違い2選【安定感で決まる】

テニスの初中級と中級の違いは安定感で決まるというテーマでお話ししていきます。 テニスをテニススクールで頑張っている方が、一番初めに壁を感じるのが「初中級から中級に上がれない」または「中級に上がったけどついていけない」が一番悩みとして多いです。 そもそもテニス中級ってどこで判断しているの? このように判断基準がわからない方も多いのではないでしょうか? テニススクールのレベルは時に自分が今初中級なのか?実は初級なのか?わからなくさせたりもします。 逆にそこがはっきりしているだけで自分のやることは明確になります ...

ReadMore

-メンタル, 上達方法

Copyright© 3vitionテニス上達レッスン , 2019 All Rights Reserved Powered by 3vition.