上達方法

マインドマップの使い方を覚えるとテニスが上達する話し

回は「マインドマップの使い方を覚えてテニスが上達する方法」についてお話ししていきます。

この記事の内容

  • マインドマップの使い方がわかる
  • テニスのネット情報をうまく使えるようになる
  • 上達のために必要なノートの取り方がわかる

この動画で解説しているマインドマップについてこの記事では深掘りしていきます。

マインドマップは心の地図

そのままですね(笑)

これは冗談ですが、自分の思考を整理する時にも使えますし、何に対しての情報なのか具体的に噛み砕くことが可能になります。

私自身、「NESTA-PFT(全米フィットネス協会認定パーソナルトレーナー)」の資格を取った時に、企業のコンサルをやっているスーパーエリートの方から教わりました。

小畠
「使ってると仕事出来る風だな(笑)」

こんな軽いノリで使い始めたのですが、今となってはアドバイスやレッスン内容を決める時に必須のツールです。

前置きが長くなってまいましたので、そろそろ本題に入りましょう。

目次

マインドマップの使い方

今回動画の中盤で、マインドマップを使ってテニスのアドバイスをストックする方法について解説しました。

具体的な情報と抽象的な情報を分けてとらえる

動画を見ていただいた方は聞いていただいたかなと思います。

これはどう言うことかと言うと

「具体的な情報は伝わりやすく、抽象的な情報は伝える側が楽」

と言うことです。

抽象的な情報、具体的な情報を分けるマインドマップ

「テニスは足だよね!!」

これはよく聞くフレーズかと思います。

例えばこれをプロの選手同士が「わかる!わかる!」と話していたら、会話のレベルはとても抽象度が高いです。

話しの流れがわからない方や、初心者の方からすれば

「打つのは腕だろ」

こんな感じになります。
(これは自分が初心者の時に思いました。笑)

なので、具体的でないとわかるまでに時間がかかったり、間違って伝わることがあります。

マインドマップを使って具体的にすれば間違って覚えてしまうことや、間違って理解してしまうことが極端に減ります。

マインドマップで具体的な情報を得る

先ほどは具体的話した具体的な情報、抽象的な情報の話に戻ります。

例えばこの記事を見てみましょう。
[nlink url="https://www.3vitiontennis.com/2019/11/15/ダブルスでの相手に応じた正しいポジショニング/"]

自分で言うのもおかしいですが、並行陣について基本の考え方はかなりまとまっていると思います。

ここで言いたいことは

「並行陣は予測してポジションを取ろう」

と言うことなのですが、これだけでは内容を見ていない方には理解できませんよね。。。

具体的な情報として

  • 並行陣に出たらコースが読みやすいところを狙う
  • 仮説を立ててから狙うと攻撃が怖くない
  • 予測ができると決めに行くのが楽になる

このように具体的な情報にすることが可能になります

もちろん具体的だから正しいとか納得できるかは別です。

正直私も今この記事を読んで訂正したい部分が出てきたので、そこは仕方ないですね(笑)

「このアドバイスは何に対していったのだろう?」

これを具体的に落とし込んで理解しておくと、自分が使うときは抽象的に考えても使えるので混乱することは防げます。

まとめ

今回は「マインドマップを使ってテニスが上達する方法」についてお話ししていきました。

実際に自分が理解できないときはマインドマップを使って「抽象度」が高い情報を「具体性」が高いアドバイスに分解していきましょう!!

グループレッスンだとコーチが噛み砕く時間が足りない場合が多く、抽象度が高い状態で伝えてしまう場合も少なくはないです。
(自分がスクールコーチの時もありました)

自分で情報を噛み砕けるようになって、周囲より情報で差をつけましょう!!

公式LINEでは具体性の高い情報を無料で定期配信をしておりますのでチェックしてみてくださいね!!

>>LINE登録

では今回はこの辺で!!

必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種別
必須お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!

代表プロフィールはこちら!

漫画でストーリーを紹介します!!

上達方法

テニスのプライベートレッスンで伝えたい3つのこと

こんにちは、代表のこばたけです。 現在はコーチも増えてきて全体で年間1000本近いレッスン数行っています。 10年間初級クラスから上がれなかった方がクラスアップ! 中学生から初めて全国中学生大会のメンバー入り 女子ダブルスのデビュー戦でいきなりビギナー大会優勝! 多くの方が自分が目指していた目標を達成して継続してくれています。 80代になっても大会に出ているので驚くこともたくさんありますが、、笑 指導しながら上達するかたの共通点を見つけてそこを指導しています。 「上達できる人には共通点がある。逆にそこさえ ...

ReadMore

未分類

代表プロフィール

こばたけがコーチになるまで こんにちは、代表のこばたけです。 今は上達させることに特化したテニスコーチをしています。 テニスコーチになるまではいろんなことがありました。 ただ何もなければテニスコーチにはなっていなかったと思います。 コーチになるまでのストーリーを漫画にしてもらったので是非見てみてください。 \アドバイスの無料配信/ 公式LINE登録 公式LINEの紹介 指導実績 10年間初級クラスだった方を2ヶ月でクラスアップ 中学生からテニスを始めた子が全国中学生メンバー入り 高校から始めたジュニアが卒 ...

ReadMore

シングルス戦術 ダブルス戦術

UNOを考えるとテニスの試合が3倍勝てるようになる話し

今回はテニスの試合においての考え方、向き合い方についてお話ししていきます。 最近、プライベートレッスンを実施していく中で、生徒さんがほとんど試合に出ることから毎回報告と反省をいただいてます。 その中で「ほとんどUNOだな笑」と感じました。 手札が配られるように毎日調子は違う。 ただその中でも多く勝ち続ける人もいるし、ずっと勝てない方もいる。 共通点を考えていくと「客観的に試合を観れるか」と「どうやって勝つ(ポイントを取る)かの最終局面がイメージできているか」を想像できていることが本当に重要だと感じました。 ...

ReadMore

上達方法 初心者向け

テニスの初中級と中級の違い2選【安定感で決まる】

テニスの初中級と中級の違いは安定感で決まるというテーマでお話ししていきます。 テニスをテニススクールで頑張っている方が、一番初めに壁を感じるのが「初中級から中級に上がれない」または「中級に上がったけどついていけない」が一番悩みとして多いです。 そもそもテニス中級ってどこで判断しているの? このように判断基準がわからない方も多いのではないでしょうか? テニススクールのレベルは時に自分が今初中級なのか?実は初級なのか?わからなくさせたりもします。 逆にそこがはっきりしているだけで自分のやることは明確になります ...

ReadMore

-上達方法

Copyright© 3vitionテニス上達レッスン , 2019 All Rights Reserved Powered by 3vition.