プロテニス

【プロテニス】カイル・エドモンド選手の戦績と見所

今回はカイル・エドモンド選手のプロフィールを紹介していきたいと思います。

この記事でわかること

  • カイル・エドモンド選手がどんな選手かわかる
  • カイル・エドモンド選手のプレースタイルがわかる
  • カイル・エドモンド選手の人となりがわかる

グランドスラムでベスト4まで勝ち進んだ経験があり、さらにデビスカップで優勝にも貢献したイギリスのエース、カイル・エドモンドについてお伝えしていきます。

カイル・エドモンド選手のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyle Edmund(@kyle.edmund)がシェアした投稿 -

生年月日 1995年1月8日
出身国 南アフリカ
身長 188cm
体重 83キロ
利き腕 右利き
バックハンド 両手打ち
グランドスラムでの最高成績 全豪 ベスト4

全仏 3回戦

全英 3回戦

全米 4回戦

ツアー優勝回数 2回
世界最高ランク 14位
好きなコート クレー
好きなショット フォアハンド
好きな大会 ウィンブルドン
憧れの選手 アンディ・マレー、マラト・サフィン
コーチ Franco Davin, Colin Beecher

 

ニックネームは(Kedders)と周りからは呼ばれている25歳の選手です。

カイル・エドモンド選手のテニススタートから現在まで

南アフリカで生まれたエドモンドは、3歳の時にノースヨークシャーに移住し、10歳からテニスのレッスンを受け始めました。

それから14歳でバークシャーにあるWin Tennis Academyに通い、2013年にツアーデビュー。(2012年から2014年にかけてはマイアミで同国の英雄マレーとも練習を積んだ経験あり。)

その後順調に結果を出しつつ、2015年にTop100位入りし、その年のデビスカップのイギリス代表として決勝を戦い、見事チームとして優勝を達成しました

ちなみにイギリスがデビスカップで優勝したのは79年間の歴史の中で初めてだったとのこと。

また、2018年は飛躍の年で、全豪オープンベスト4入りやアントワープ優勝の結果、キャリアハイ14位を記録し、12年の間イギリス№1だったマレーを抜きました

カイル・エドモンド選手はマレーの後継者になりうる?

Big4の1人で偉大なテニス選手であるマレーは、昨今では股関節の怪我に悩まされ、一時は引退に追い込まれてしまいました。

復帰した現在でもランキングを思うように上げることができず苦しい状態にあります。

そんな彼に変わるようにして頭角を現し始めたエドモンドは、マレーの後継者としてイギリスを今後引っ張る存在になるのではないかと考えています。

25歳と若く、既に全豪ベスト4、ツアー優勝2回、デビスカップ優勝経験もあるので、トップ選手になるポテンシャルは十分!

怪我が多い傾向にあるので、そこだけ気を付けつつ、飛躍してほしいと思います。

カエル・エドモンド選手のプレースタイル

速球でエースを量産するストローカー

エドモンド選手のプレースタイルは「速球でエースを量産するストローカー」という印象です。

フォアもバックも非常に球速があり、攻撃力はかなりのもの。

あまりコート後方に下がらずライジング気味で打つ分、相手からしたらテンポが速く感じるのではないでしょうか。

ただ、その分アンフォースドエラーも多めなので、調子がよければ格上にも勝てるけど、調子が悪いと格下にも負けてしまう、というタイプの選手だと思います。

エドモンド選手の武器

エドモンド選手の武器は「フォアハンド」です。

多少無理な体勢からでも強引の打ち込んで一発で決められる威力があるので、デルポトロのフォアに近いと感じました。

エドモンドのフォアハンド特集はコチラ↓

サーブ&リターン

サーブ&リターンもストローク同様に非常にパワフル。

常にエースを狙って攻撃的に攻め、先手を打ちに行く姿勢を貫いていると思います。

カイル・エドモンド選手の豆知識

☑️小学生時代からスポーツ万能で、80m走や150m走、走り幅跳びの学校記録保持者だった。(性格は控えめでシャイでした。)

☑️10歳になるまではテニスをしていなかったけど、彼の運動能力の話を聞きつけたテニスコーチによって手ほどきを受けたことでテニスの才能が開花した。

選手の使用ラケット

カエル・エドモンドの使用ラケットは「Wilson Pro Staff 97 CV」。

まとめ

今回は「カイル・エドモンド選手」についてお話ししていきました。

この記事のまとめ

  • 若手選手でありながら経験豊富
  • 球速とテンポの速い攻めが得意のストローカー
  • 子供時代から類まれなる運動能力を発揮していた選手

今後のエドモンド選手の活躍に期待ですね。

必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種別
必須お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!

代表プロフィールはこちら!

漫画でストーリーを紹介します!!

プライベートレッスン メンタル 上達方法

テニス の目標設定では大きさよりも大切なことがあると言う話し

今回はテニスの目標設定で大きさよりも大切なものについてお話ししていきます。 目標設定をしてテニスの上達をするための練習をしていくと思うのですが、今回のお話しで確実に前に進むための目標設定ができるようになってテニスの上達に確実に活かしてもらいたいです。 この記事でわかること 上達するための目標設定方法がわかる テニスの目標設定をするだけで上達する技術が身につく 練習の質がかなり上がる この記事を書こうと思った理由としては「目標設定している人が多いのに達成している人が少ない」と感じました。 かなり厳しい話です ...

ReadMore

上達方法 初心者向け

テニス歴100時間以下なのに化け物初心者がいた話し

今回はテニス初心者の方が上級者からポイントを取る方法を実際の経験からお伝えしていきます。 その初心者の方は卓球はかなりの実力者だったそうなのですが、テニスは100時間もやっていないかなとのことでした。 テニス自体は初心者だったのですが、発想力と考え方だけで私からもしっかりポイントを取っていました。 まじで悔しかったですが「この考え方は他の初心者にも再現性あるぞ?」と感じました。 「小畠大したことないな」 でイジって終わるのは勿体無いので(笑)、みなさんの上達のヒントになればと思い共有という感じですね。 こ ...

ReadMore

シングルス戦術 ダブルス戦術

UNOを考えるとテニスの試合が3倍勝てるようになる話し

今回はテニスの試合においての考え方、向き合い方についてお話ししていきます。 最近、プライベートレッスンを実施していく中で、生徒さんがほとんど試合に出ることから毎回報告と反省をいただいてます。 その中で「ほとんどUNOだな笑」と感じました。 手札が配られるように毎日調子は違う。 ただその中でも多く勝ち続ける人もいるし、ずっと勝てない方もいる。 共通点を考えていくと「客観的に試合を観れるか」と「どうやって勝つ(ポイントを取る)かの最終局面がイメージできているか」を想像できていることが本当に重要だと感じました。 ...

ReadMore

ダブルス戦術

テニスのダブルスで並行陣のポジショニング

今回は並行陣での相手に応じた正しいポジショニングという内容でお話ししていきたいと思います。 こんな人にオススメ 並行陣になってもポイントにつながらない ダブルスでうまくポジショニングがわからない 今回の内容は、 「ダブルスで抜かれるのが怖くて前に詰められない」 「どのタイミングで詰めたらいいか知りたい」 そんな方に向けた内容になっております。 テニスプレーヤー「並行陣を作ってもダブルスでポイントにつながらない」 テニスのダブルスでは事前に相手への配球からコースを読むことが可能になりますが、なかなかそのパタ ...

ReadMore

-プロテニス

Copyright© 3vitionテニス上達レッスン , 2019 All Rights Reserved Powered by 3vition.