【プロテニス】ドミニク・ティーム選手とは?

プロテニス

今回はドミニク・ティーム選手のプロフィールを紹介していきたいと思います。

この記事でわかること

  • ドミニク・ティーム選手がどんな選手かわかる
  • ドミニク・ティーム選手のプレスタイルがわかる
  • 全豪の優勝の秘訣がわかる

2020年、初めの全豪OPでは若手選手の活躍が大きく目立ち、優勝には一歩届かなかったもののジョコビッチ選手を追い詰めたドミニク・ティーム選手についてお伝えしていきます。

広告

ドミニク・ティーム選手のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dominic Thiem(@domithiem)がシェアした投稿

生年月日 1993年9月3日
出身国 オーストリア
身長 185cm
体重 79キロ
利き腕 右利き
バックハンド 両手打ち
グランドスラムでの最高成績 全豪 準優勝

全仏 準優勝

全英 4回戦

全米 ベスト8

ツアー優勝回数 16回
世界最高ランク 4位
憧れの選手 ユルゲン・メルツァー、ステファン・コーベック
コーチ ニコラス・マス―

ニックネームはドミ(Domi)と周りからは呼ばれている26歳の選手です。

ティーム選手のテニススタートから現在まで

両親がテニスコーチのティームは6歳からテニスを始め、2011年にツアーデビューしました。

兄弟のモリッツも2018年にATPポイントを獲得しプロ入りしたとのこと。

2015年のニースオープン決勝でレオナルド・マイエルに勝利しツアー初優勝を達成してからは、大きな怪我もなく順調にランキングを上げ、2016年からはTop10の常連選手に成長

ツアーファイナルにも4年連続で出場しています。(2019年にはチチパスに決勝で敗れたものの、準優勝を達成)

適正コートとしては、特にクレーでの成績がよく、10勝以上挙げています。

グランドスラムでの優勝はまだないものの、既に3回も決勝に進出している

ドミニク・ティーム選手のテニスは今後の期待値が高い?

全仏ではナダル、全豪ではジョコビッチに優勝を阻まれた形になりましたが、グランドスラムの優勝も近いと考えています。

対BIG3との対戦では、
王者ジョコビッチに4勝、ナダルとフェデラーにも5勝
このように好成績を残しています。

また、コーチは2004年にアテネオリンピックで金メダルを獲得した元世界ランク9位のクレーコーター、ニコラス・マス―です。

ドミニク・ティーム選手のプレースタイル

ドミニク・ティーム選手はアグレッシブベースライナー

ティームのプレースタイルは「アグレッシブベースライナー」という印象です。

ダイナミックなフォームから繰り出すショットには強力なスピンがかけられているため、バウンド後に高く弾み、相手をコートの後方に下げることができます。

基本的にはコートの後方からパワフルなショットを打ち続ける戦法を取りますが、チャンスがあればネットに出る器用さも持ち合わせており、使う戦術は様々な展開をしていきます。

コートカバーリング力も非常に高く、ギリギリ追いついたボールでも器用にスライスやロブで返球できるので、ストローク戦でティームに打ち勝つのはかなり至難の技です。

ドミニク・ティーム選手の武器

ティームは武器は「片手バックハンド」です。

フォアも勿論良いですが、片手バックハンドはさらにミスが少なくダウンザライン、もしくは角度の付いたショートクロスでポイントを取る場面が多く見られます。

サーブ&リターン

サーブは時速200キロを軽く超え、とても強力です。

リターンも後ろに下がってしっかり振り切って打つことができ、イーブンの状態に持っていくことが出来ます。

ドミニク・ティーム選手の豆知識

ティームは「4OCEAN」という団体が作っているブレスレットを身に付けています。

このブレスレットが一つ売れるごとに、「4OCEAN」は1ポンドのゴミを海から回収する活動を行っている。

トップ選手としての活動だけではなく、環境に配慮した活動も積極的に行なっています。

また、ティームは大のサッカー好きでもあり、自分のサッカーチーム(1.TFC Matzendorf)を設立するまでに至っています。

ドミニク・ティーム選手の使用ラケット

ティームの使用ラケットは「Babolat Pure Strike」。

まとめ

今回は「ドミニク・ティーム選手」についてお話ししていきました。

この記事のまとめ

  • 今後グランドスラムで優勝の可能性が期待の高い選手
  • クレーことが得意なアグレッシブベースライナー
  • 環境も考えた活動をした人間性的にも素晴らしい選手

今後のティーム選手の活躍に期待ですね。

必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種別
必須お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!