上達方法

テニス上達のためにいろんなコートを使うべき理由

テニス上達のためにいろんなコートを使うべき理由についてお話ししていきます。

今回の内容

  • テニスで上達したい方
  • 練習環境が固定されている方
  • 今よりフットワークをよくしたい方

テニスプレーヤー
「練習コートは統一したほうがいいのかな?」

そんな方も意外と多かったので、質問に答えていきます。

結論から言うと、「いろんなテニスコートで練習したほうが上達する」と私は考えています。

理由としては、フットワークの使い方がコートによって違うためいろんなバリエーションで習得したほうが効果的だからです。

今回はその内容を深掘りしていきます。

目次

フットワークの違いはボールの飛びによって


「フットワークは前に踏み込んで打つのが絶対!!!」と言うのは、平成の時から変わってきています。

道具の進化などの影響で、一般の方から選手までボールを打つ技術がぞこ上げ的な上達をしてきています。

同時に対応力も上げていかなくてはいけないため、ボールがどのように飛んでくるかによってフットワークの使い方もいろんな動きが必要になってきます。

フットワークのバリエーション

  • 飛んでこないボールへ
    →自分から踏み込んでいくフットワーク
  • 飛んでくるボールへ
    →引き付けるフットワーク
  • 高く跳ねてくるボール
    →ライジングで打つために踏み込むフットワーク
    →下がって力の入る高さで打つためのフットワーク

このようにいくつかフットワークを使い分けていく必要があります。

テニスプレーヤー
「すべて踏み込んだほうが強く打てるんじゃない?」

すべて踏み込んで打つことは、打つことに関してはいいかもしれませんがデメリットは大きいです。

時間がなくなる

このようなデメリットがあります。

すべて踏み込むことで、時間をなくしてしまうため自分が不利な時に無理に踏み込むと次に対応できないようになってしまいます。

「次のことを考えなくてはいけない」スポーツだからこそ、リカバリーできる(次までに体制を整える)フットワークを選択しましょう。

スタンスなども使い分けていくためにトレーニングも必要かもしれませんね。
[nlink url="https://www.3vitiontennis.com/2019/12/02/need-workout/"]

オムニコートが否定されてしまう訳

「オムニコートは日本だけだからうまくならない」と一時メディアでも取り上げられていました。

私はそんなことないと考えます。

もちろん、上達には経験値が必要になってくるのでオムニコートの試合がほとんどないツアープロはオムニコートでしか練習しないのは、上達しないと言うより練習する種目が違うと言う感じです。

「マラソンに出るけど短距離しかトレーニングで走らない」と言う感じでしょうか。。。

オムニコートは基本的に砂と人工芝の柔らかさから、ボールが腰の高さくらいにしかバウンドしにくい。

そのため、ベースラインにいれば打ててしまうため踏み込まなくても下がらなくてもよくなってしまいますので、ハードコートやクレーコートでの跳ねるボールに対応できなくなってしまいます。

これがオムニコートが否定される原因です。

練習からこのことを意識して練習しないと、「オムニ専用」のテニスしかできなくなってしまうので注意しましょう。

多くのコートを使ったほうがいい理由

テニスプレーヤー
「では結論、なんでいろんなコートでテニスしたほうがいいの?」

いろんなフットワークを使うのに慣れるためです。

よく聞く悩みでは、「インドアカーペットでしかやっていない方が外のコートで全く打てなくなる」と言う現象です。

上達すればするほど、外のコートでテニスする機会もできてきます。

サーフェス(コートの種類)によっての違いを理解しておくことは必要です。

サーフェスによる違い

  • ハードコート
    →球足が速く跳ねる。イレギュラーがほとんどない。
  • クレー
    →球足が遅く跳ねる。イレギュラーも多い。
  • オムニ
    →球足が遅く跳ねない。
  • カーペット
    →球足が速く伸びる。跳ねない

このような違いを知っておくと、次の試合のプランニングでフットワークも練習項目に入ってくるのでオススメです。

いろんなサーフェスで体験して、対応力を上げていきましょう。

必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種別
必須お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!

代表プロフィールはこちら!

漫画でストーリーを紹介します!!

上達方法

テニスのプライベートレッスンで伝えたい3つのこと

こんにちは、代表のこばたけです。 現在はコーチも増えてきて全体で年間1000本近いレッスン数行っています。 10年間初級クラスから上がれなかった方がクラスアップ! 中学生から初めて全国中学生大会のメンバー入り 女子ダブルスのデビュー戦でいきなりビギナー大会優勝! 多くの方が自分が目指していた目標を達成して継続してくれています。 80代になっても大会に出ているので驚くこともたくさんありますが、、笑 指導しながら上達するかたの共通点を見つけてそこを指導しています。 「上達できる人には共通点がある。逆にそこさえ ...

ReadMore

未分類

代表プロフィール

こばたけがコーチになるまで こんにちは、代表のこばたけです。 今は上達させることに特化したテニスコーチをしています。 テニスコーチになるまではいろんなことがありました。 ただ何もなければテニスコーチにはなっていなかったと思います。 コーチになるまでのストーリーを漫画にしてもらったので是非見てみてください。 \アドバイスの無料配信/ 公式LINE登録 公式LINEの紹介 指導実績 10年間初級クラスだった方を2ヶ月でクラスアップ 中学生からテニスを始めた子が全国中学生メンバー入り 高校から始めたジュニアが卒 ...

ReadMore

シングルス戦術 ダブルス戦術

UNOを考えるとテニスの試合が3倍勝てるようになる話し

今回はテニスの試合においての考え方、向き合い方についてお話ししていきます。 最近、プライベートレッスンを実施していく中で、生徒さんがほとんど試合に出ることから毎回報告と反省をいただいてます。 その中で「ほとんどUNOだな笑」と感じました。 手札が配られるように毎日調子は違う。 ただその中でも多く勝ち続ける人もいるし、ずっと勝てない方もいる。 共通点を考えていくと「客観的に試合を観れるか」と「どうやって勝つ(ポイントを取る)かの最終局面がイメージできているか」を想像できていることが本当に重要だと感じました。 ...

ReadMore

上達方法 初心者向け

テニスの初中級と中級の違い2選【安定感で決まる】

テニスの初中級と中級の違いは安定感で決まるというテーマでお話ししていきます。 テニスをテニススクールで頑張っている方が、一番初めに壁を感じるのが「初中級から中級に上がれない」または「中級に上がったけどついていけない」が一番悩みとして多いです。 そもそもテニス中級ってどこで判断しているの? このように判断基準がわからない方も多いのではないでしょうか? テニススクールのレベルは時に自分が今初中級なのか?実は初級なのか?わからなくさせたりもします。 逆にそこがはっきりしているだけで自分のやることは明確になります ...

ReadMore

-上達方法

Copyright© 3vitionテニス上達レッスン , 2019 All Rights Reserved Powered by 3vition.