トレーニング、リハビリ 上達方法

テニスの上達にトレーニングが必要な理由【体の使い方が覚えられます】

テニスの上達にトレーニングが必要な理由についてお話ししていきます。

こんな人向け

  • テニスが上達したい方
  • 怪我が多くサポーターをつけている方
  • 今のレベルよりもう一段階上達したい方

テニスプレーヤー
「トレーニングって必要なのは選手だけでしょ?」

このように考えている方も多いかと思い、今回は記事にしていきたいと思います。

結論から先に言ってしまうと、トレーニングが必要な理由は「楽にテニスをするため」と考えています。

自身のトレーナーとしての経験も含めてお伝えしていきたいと思います。

目次

トレーニングで体の動かし方を知る

トレーニングというと「ジムでのワークアウト」をイメージする方が多いと思いますが、オンコートの練習も考え方によってはトレーニングです。

ですが、ここでは「ボールを打つこと以外の練習動作」を今回はトレーニングとします。

トレーニングの目的はこのように分かれています。

トレーニングの目的と種類

  • 神経系
    →使える筋肉や感覚を増やすためのトレーニング
  • 連動性
    →トレーニングで使えるようになった筋肉や感覚を連動させる
  • 強化系
    →上2つの出力、持続力、精度を上げるためのトレーニング

このように私は分類しています。

ほとんどのプレーヤーは、体のどこを使ってどこに連動させるかを意識せずに「テニス」を行なっています

この為必要ない部分を使ってしまい、使わなくてはいけない部分を使えず「怪我」や「無駄」になってしまいます。

この無駄をなくし、少ない力で大きな成果を出すことがテニスプレーヤーがトレーニングをする理由です。
[nlink url="https://www.3vitiontennis.com/2019/11/06/workout/"]

10回の練習より1回のトレーニング!?

テニスプレーヤー
「使えない筋肉が増えたらどうなるの?」

答えは、「できることの幅が増える」ことです。

例えば、コートカバーリング(コートを守る能力)を上げるために、オープンスタンスを使えるようにしたいとします。

できるようになる方法はいくつかあります。

  • できるまでボールを打ち続ける
  • トレーニングをして体の使い方を知ってから打つ
  • なんとなく真似て少しずつ精度を上げる

まず1番初めの選択肢を選択すると、感覚を掴むために何時間も打ち続けなくてはいけないため、オンコートの時間が限られていると他の練習がおろそかになります

3つ目の選択肢も悪くはないですが、真似るモデルの選択が間違えていると感覚が掴めずに多くの時間を無駄にするため、上達するのには効率が悪いです。

トレーニングをして体の感覚をつかんでからテニスコートに入って練習すれば、感覚をショットに落とし込むだけなので他のショットやパターンも練習できます。

このように感覚をつかんでいくトレーニングは、ボールがない分理想の動きを再現することが簡単なので感覚を身につけるにはとても効果的です。

打っているだけでは掴めない感覚はチューブなどを使って感覚をつかんでいきましょう。

動画紹介のセラバンドはこちら!!

===紹介施設===

必須お名前
必須メールアドレス
任意電話番号
必須お問い合わせ種別
必須お問い合わせ内容


このサイトはreCAPTCHAによって保護されています。Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!

代表プロフィールはこちら!

漫画でストーリーを紹介します!!

プライベートレッスン メンタル 上達方法

テニス の目標設定では大きさよりも大切なことがあると言う話し

今回はテニスの目標設定で大きさよりも大切なものについてお話ししていきます。 目標設定をしてテニスの上達をするための練習をしていくと思うのですが、今回のお話しで確実に前に進むための目標設定ができるようになってテニスの上達に確実に活かしてもらいたいです。 この記事でわかること 上達するための目標設定方法がわかる テニスの目標設定をするだけで上達する技術が身につく 練習の質がかなり上がる この記事を書こうと思った理由としては「目標設定している人が多いのに達成している人が少ない」と感じました。 かなり厳しい話です ...

ReadMore

上達方法 初心者向け

テニス歴100時間以下なのに化け物初心者がいた話し

今回はテニス初心者の方が上級者からポイントを取る方法を実際の経験からお伝えしていきます。 その初心者の方は卓球はかなりの実力者だったそうなのですが、テニスは100時間もやっていないかなとのことでした。 テニス自体は初心者だったのですが、発想力と考え方だけで私からもしっかりポイントを取っていました。 まじで悔しかったですが「この考え方は他の初心者にも再現性あるぞ?」と感じました。 「小畠大したことないな」 でイジって終わるのは勿体無いので(笑)、みなさんの上達のヒントになればと思い共有という感じですね。 こ ...

ReadMore

シングルス戦術 ダブルス戦術

UNOを考えるとテニスの試合が3倍勝てるようになる話し

今回はテニスの試合においての考え方、向き合い方についてお話ししていきます。 最近、プライベートレッスンを実施していく中で、生徒さんがほとんど試合に出ることから毎回報告と反省をいただいてます。 その中で「ほとんどUNOだな笑」と感じました。 手札が配られるように毎日調子は違う。 ただその中でも多く勝ち続ける人もいるし、ずっと勝てない方もいる。 共通点を考えていくと「客観的に試合を観れるか」と「どうやって勝つ(ポイントを取る)かの最終局面がイメージできているか」を想像できていることが本当に重要だと感じました。 ...

ReadMore

ダブルス戦術

テニスのダブルスで並行陣のポジショニング

今回は並行陣での相手に応じた正しいポジショニングという内容でお話ししていきたいと思います。 こんな人にオススメ 並行陣になってもポイントにつながらない ダブルスでうまくポジショニングがわからない 今回の内容は、 「ダブルスで抜かれるのが怖くて前に詰められない」 「どのタイミングで詰めたらいいか知りたい」 そんな方に向けた内容になっております。 テニスプレーヤー「並行陣を作ってもダブルスでポイントにつながらない」 テニスのダブルスでは事前に相手への配球からコースを読むことが可能になりますが、なかなかそのパタ ...

ReadMore

-トレーニング、リハビリ, 上達方法

Copyright© 3vitionテニス上達レッスン , 2019 All Rights Reserved Powered by 3vition.