チューブトレーニング トレーニング、リハビリ

【テニスYouTube】チューブトレーニングで四十肩、インピンジメント改善!

四十肩、テニス改善チューブトレーニングについてYouTubeにアップしました。

こんな人向け

  • 四十肩に悩まされている方
  • テニスをすると肩が痛くなる方
  • サーブを打つと違和感がある方

今回の記事は「四十肩」「サーブに痛みが出る」このように悩んでいる方に向けてYouTubeの内容をより深く解説していきます。

他のチューブトレーニングも気になる方は過去の記事も参考にしてください。
テニスの上達に必須のチューブトレーニングの順序まとめ

テニスプレーヤー
「肩の痛みがあるけどどうしたら治るかわからないなぁ」

こんな方が多かったのと、自分自身が肩の怪我をした時に知っておけばよかったと思うトレーニングの内容になっています。

目次

肩の怪我はなぜ起こる原因

肩の怪我が起こる原因は人それぞれかと思いますが、多くのテニスプレーヤーの肩の怪我は「インピンジメント」による肩の痛みです。

先日投稿した動画でトレーニングした部位を含めて
「ローテーターカフ」
というインナーマッスルをお伝えしましたが、この中のどれかが機能していないと「肩のインピンジメント」が起こります。

ローテーターカフとは

  • 棘上筋
  • 棘下筋
  • 肩甲下筋
  • 小円筋

インピンジメントとは何か


「インピンジメント」とは、上腕骨が動く時に、肩峰(鎖骨部分と思っていただけたらOK)と上腕骨に筋肉が挟まって痛みが出る症状のことです。

筋肉が骨に挟まるなんて考えただけで痛いですが、本当に痛いんです。

この症状が悪化してしまうと、腱が挟まった衝撃で切れてしまったり炎症を起こしたりします。

インピンジメントをチューブで治す?

肩のトレーニングはダンベルやジムのマシンなどでもできますが、「ローテーターカフ」に関してはチューブトレーニングが最適です。

理由はいくつかあるので参考にしてください。

チューブトレーニングで実施するメリット

  • 終動負荷であること(だんだん負荷が強くなるトレーニング)
    →痛みが出ない範囲でリハビリとして行うことができること
  • 手軽にどこでも実施できること
    →アップなど毎日のルーティーンワークに入れることができる

このような理由からチューブで実施するのですが、肩はテニスでは使用頻度が多いにも関わらず、アップに取り入れる方はごく僅かです。

肩をアップの種目として取り入れることで、肩の怪我はかなり予防できます。

メニューを2つにした理由

過去のトレーニング記事でも書いたのですが、トレーニングにはいくつか用途があり、その中の流れに沿ってトレーニング種目の選択を2つにしました。
テニスの上達に必須のチューブトレーニングの順序まとめ
上記の記事の内容からいうと、今回のトレーニングはどこに当たるでしょうか。

今回の2種目のトレーニングの分類

  • 1種目目「使えるようにするトレーニング」
    →棘上筋を使えるようにしていくトレーニング
  • 2種目目「強化するトレーニング」
    →三角筋の強化をして肩を上げる動作を強くするトレーニング

このように分類することができます。

使えるようにした後は強化をすることがとても重要です。

使えなくては強化しても仕方ありません。

このトレーニングの流れはとても重要です

チューブトレーニングまとめ

今回は四十肩、インピンジメント改善チューブトレーニングとして「棘上筋」「三角筋」をチューブでトレーニングしていきました。

肩のチューブトレーニングはウォームアップとしてだけでなく、怪我予防、リハビリとしても使うことができるので、テニスの練習以外のメニューとして取り入れていただけたら嬉しいです。

____________________________
小畠です。僕は高校1年からテニスを始めて、18歳の時にはテニス選手になってました。

これはかなり異例だと周りにも言われるのですが、
僕は強くなるために、めっちゃ研究しました。

その後、コーチになり、さらに何百人も指導をしてきて、
勝つパターンと負けるパターンがあることがわかりました。

伸びにくいプレイヤーの特徴も手に取るようにわかるようになりました。

だからこそ、どのようにしたら、強くなるのか?
ほとんどの人が陥るポイントなどが一回でも、一緒にプレイをしたらわかります。

僕はテニスが大好きだからこそ、
教えるのが上手じゃないコーチの元でレッスンを受けて、
上手くなれなくて、やめてしまうプレイヤーたちがいることがすごく嫌です。

指導方法を変えるだけで、うまくなることなんて日常茶飯事です。それくらい僕のレッスンは特殊かもしれません。

コートに立つたびに、テニスが毎回上手くなれば、
楽しくなると思うから、続くし、
テニス人口も増えると思うから、今でもどのようにしたらみんな上手くなるのか?日夜考えております。

是非一緒にテニスしましょう!そしてうまくなりましょう!

代表プロフィールはこちら!

漫画でストーリーを紹介します!!

上達方法

テニスのプライベートレッスンで伝えたい3つのこと

こんにちは、代表のこばたけです。 現在はコーチも増えてきて全体で年間1000本近いレッスン数行っています。 10年間初級クラスから上がれなかった方がクラスアップ! 中学生から初めて全国中学生大会のメンバー入り 女子ダブルスのデビュー戦でいきなりビギナー大会優勝! 多くの方が自分が目指していた目標を達成して継続してくれています。 80代になっても大会に出ているので驚くこともたくさんありますが、、笑 指導しながら上達するかたの共通点を見つけてそこを指導しています。 「上達できる人には共通点がある。逆にそこさえ ...

ReadMore

未分類

代表プロフィール

こばたけがコーチになるまで こんにちは、代表のこばたけです。 今は上達させることに特化したテニスコーチをしています。 テニスコーチになるまではいろんなことがありました。 ただ何もなければテニスコーチにはなっていなかったと思います。 コーチになるまでのストーリーを漫画にしてもらったので是非見てみてください。 \アドバイスの無料配信/ 公式LINE登録 公式LINEの紹介 指導実績 10年間初級クラスだった方を2ヶ月でクラスアップ 中学生からテニスを始めた子が全国中学生メンバー入り 高校から始めたジュニアが卒 ...

ReadMore

シングルス戦術 ダブルス戦術

UNOを考えるとテニスの試合が3倍勝てるようになる話し

今回はテニスの試合においての考え方、向き合い方についてお話ししていきます。 最近、プライベートレッスンを実施していく中で、生徒さんがほとんど試合に出ることから毎回報告と反省をいただいてます。 その中で「ほとんどUNOだな笑」と感じました。 手札が配られるように毎日調子は違う。 ただその中でも多く勝ち続ける人もいるし、ずっと勝てない方もいる。 共通点を考えていくと「客観的に試合を観れるか」と「どうやって勝つ(ポイントを取る)かの最終局面がイメージできているか」を想像できていることが本当に重要だと感じました。 ...

ReadMore

上達方法 初心者向け

テニスの初中級と中級の違い2選【安定感で決まる】

テニスの初中級と中級の違いは安定感で決まるというテーマでお話ししていきます。 テニスをテニススクールで頑張っている方が、一番初めに壁を感じるのが「初中級から中級に上がれない」または「中級に上がったけどついていけない」が一番悩みとして多いです。 そもそもテニス中級ってどこで判断しているの? このように判断基準がわからない方も多いのではないでしょうか? テニススクールのレベルは時に自分が今初中級なのか?実は初級なのか?わからなくさせたりもします。 逆にそこがはっきりしているだけで自分のやることは明確になります ...

ReadMore

-チューブトレーニング, トレーニング、リハビリ

Copyright© 3vitionテニス上達レッスン , 2019 All Rights Reserved Powered by 3vition.