テニス初心者必見!ダブルスが上達するポジショニング

ダブルス戦術 初心者向け

ダブルスが上達するポジショニングのお話をしていきたいと思います。

こんな人にオススメ

  • ダブルスの動きがわからない人
  • テニススクール初中級に上がりたての人
  • これからダブルスの試合にデビューしたい人

今回はテニスのダブルス初心者向けの記事になりますので、中級者以上の方は並行陣のポジショニングの記事の方が参考になるかと思いますので、こちらもご確認ください。

ダブルス初心者の方が、全く動かないで立っているだけになってしまう(いわゆる地蔵です)ことがないようにするには、結論から言うと、

「ポジショニングの意味を理解すること」

これが重要になってきます。

「前に詰めて!!」

「下がってケアして!!」

このようにスクールで指導されても、「なぜそこに行かなくてはいけないか」ここを理解しないと動けないですし、間違えて覚えてしまいます。

まずは基本的な動き方を理解して、そこから応用に移れるようにしていきましょう!!

スポンサードサーチ

ポジションは何をしたいかで決まる

この内容が一番重要な内容になってきます。

まず、根本のテニスというスポーツですが、野球ラグビーのように攻撃とディフェンスが存在します。

もちろん、ディフェンスでもボールは打ちますし、あくまで感覚や空気感の話になりますが、存在することだけは知っておいてください。

ですがテニスがまだ初中級者などの上達段階では、実際に自分のやるべきことはこの空気感から読むことはできません。

「誰が打つか」

ここで、まずは判断していきましょう。

判断方法はこのあと説明するとして、やることはまず二つです。

「ポイントに関わるショットを打つ」

「ペアの守る範囲を減らしてあげる(楽をさせてあげる)」

この二つができるようになれば、ダブルスの試合での基本的な動作ができてきます。

ポイントに関わる方法

今回は覚えていただくために、クイズ形式にしてみました。

=状況説明=
相手の後衛がストロークを打つ状況

この状況の時に、赤の人はどこにポジションを取ればいいでしょうか?

正解は、

2番です

正直これに関しては、テニススクールでも習うと思いますが、なぜだか説明はできますでしょうか?

理由はこのように考えます

「後衛がクロスにしっかり打てなかった甘い球をボレーする」

ボレーはバウンドさせないで打つショットのため、相手から時間を奪う(相手が忙しくなる)ことができます。

そのため、ポイントに直結しやすくなります。

このタイミングで詰めないでいると、ラリーが長くなり、なかなか決まらないポイントになるので後衛が疲れます

疲れた人が次のポイントでボレーにくるので、また動けずに結果2人とも疲れて負けてしまいます。

ボレーは初中級者が一番嫌うショットなのはわかりますが、後衛のためにもボレーを使ってあげましょう。

後衛の仕事を減らしてあげる方法

先ほどの章で少し話題に出てきましたが、後衛の仕事を減らすために今回のポジショニングは必要になってきます。

それから、もう一つのこのポジショニングを覚えるメリットとしては、

「自分の危険回避」

このことも大きな要因になります。

テニスは上達とともにボールの速さも増していくので、当たると痛いです。

ではこのことから、正解はどちらでしょうか?

正解は2番です。

「1番の方が前にいるから決めやすそう」

こう思う方もいるかもしれませんが、1番にいくと相手がボレーした時のオープンコートがとても広いことがわかりますよね?

なので、後衛の守備範囲が広くなってしまうため、とっても忙しくなります。

それから、自分とボレーの位置を見ましょう。

とても近いので、当たると痛いです。

このことから自分のペアがストロークを打つときは相手のボレーから、コートを守る感覚でいることが大切です。

もしあなたが中級者と対戦したり今後試合に挑戦することを考えているなら、味方の仕事を減らすことと、自分の安全は確保することをオススメします。